春の健診キャンペーンご案内

フィラリアの血液検査時に、健康チェックをしませんか?

フィラリアの血液検査時に、少し余分に血液をもらって、腎臓・肝臓等の内臓系(血液生化学検査ー全16項目もしくは簡易検査6項目)と、貧血や感染などの指標である赤血球・白血球・血小板等の血液一般状態(血液一般検査)を同時に調べることができます。

中年期(7歳前後)から起こりやすい病気の早期発見や予防に役立ちます。また、健康な時からの毎年の検査データを比較することにより、細かな変化がわかりやすくなります。

お手軽検査としっかり検査のコースをご用意しておりますので、定期健診としてご利用してください。